佐々岡カープ わずか3安打&3失策…今季5度目の完封負け 床田8敗目

2020年10月23日 21時55分

5回に2点を失った広島・床田(左)

 広島が拙攻&拙守で今季5度目の完封負けを喫した。23日のDeNA戦(横浜)では3回の守備で先頭打者・大和が放った打球を処理した堂林が送球失策。堂林は4回にも失策を犯したが、先発・床田が踏ん張り、得点は許さなかった。

 しかし、続く5回にはその先発左腕の拙守から失点するハメに…。無死一、二塁の場面で犠打の打球を素早く処理したが、封殺を狙った三塁への送球がそれてしまう。自ら招いた無死満塁のピンチから2点を失い、8敗目(3勝)を喫した。

 打線も14安打9得点だった前夜から打って変わって沈黙した。6回に無死一、二塁のチャンスを作ったものの松山、西川、坂倉が揃って凡退。7回に迎えた無死二塁の好機も生かせず、わずか3安打であっけなく敗戦を喫した。