西武・山野辺 超絶〝スパイダーキャッチ〟 森脇のピンチ救うも「あまり覚えていないです」

2020年10月22日 22時38分

8回にロッテ・中村奨の打球を好捕する西武・山野辺

 ロッテ戦3連勝の立役者、西武・山野辺翔内野手(26)が、森脇のピンチを救った〝スパイダーキャッチ〟を振り返った。

 山野辺は22日の同戦(メットライフ)8回無死一塁の守備で、中村の飛球を一塁ファールゾーンまで追いかけ、フィールドビューシートへダイブ。ネットに引っ掛かりながら好捕し、タッチアップを試みた一塁走者・福田秀を二塁でタッチアウト。併殺を完成させた。

 試合後、本人は「うまく(後ろのネットに)引っかかったという感じですね。あの後、一塁走者をどのように刺したかはあまり覚えていないです。今はこうしてスタメンで出させていただいているので、監督の言うようにしっかり一日一善をやっていけたらと思います」とコメントした。

 辻監督は「今日は(あの場面まで)何もしていなかったから。山野辺らしいプレーをあそこで出してくれたね。ラッキーボーイ。あのプレーは大きいよ。本当に(森脇を)助けた」とこの日の善行にご満悦だった。