中日・大野雄が連続無失点の球団記録を64年ぶり更新!

2020年10月22日 19時57分

球団記録を64年ぶりに更新した中日・大野雄

 中日・大野雄大投手(32)が、球団記録だった40回1/3連続イニング無失点を64年ぶりに更新する快挙だ。

 22日のDeNA戦(ナゴヤドーム)を36回連続無失点で迎えて先発のマウンドに立った大野雄。球団新記録がかかった5回は先頭・オースティンに右前打を許したものの、続く宮崎を投ゴロ併殺に仕留めると、蝦名を空振り三振とし、5回まで無失点に抑えて球団記録を達成した。

 これまで連続無失点の球団記録は1956年に大矢根博臣マークした40回1/3だった。プロ野球記録は58年の金田正一(国鉄)の64回1/3。7回もスコアボードにゼロを並べた大野雄が強力ベイ打線を封じてどこまで記録を更新できるか楽しみだ。