中日指名はあるか…中京大中京・高橋宏斗の隠しきれない〝ドラゴンズ愛〟

2020年10月21日 22時48分

会見を開いた中京大中京・高橋宏斗

 中日などがドラフト1位の最有力候補に挙げている中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手(18)が21日、名古屋市内の同校で会見し「世代ナンバーワン」となる誓いを立てた。

 慶大進学がかなわず一転、プロ入りを表明したことで多数の球団がドラフト戦略を再考することを余儀なくさせた高橋。それほどの逸材ながらプロ入り後に関して「現段階では全然通用するような投手ではない。まず体づくりを一から考え直して、多くの人が憧れる選手になりたい」と謙虚に話す。

 希望する球団も「指名してくれるところに感謝の気持ちを持って12球団どこでも行きます」と話したが、やっぱり地元のドラゴンズ愛は隠せなかった。愛知・尾張旭市出身でドラゴンズジュニアに所属したこともあり「同じユニホームを着られて誇りも持ったし、重みも感じた。小さいころからドラゴンズを見て育ってきた。縁を感じるし、自分の野球人生を育ててくれた。全ての憧れが詰まったチームです」と吐露した。

 さらにプロ入り後の野望もある。「まだ世代ナンバーワンにはなりきれていない。明石商の中森(俊介)投手や智弁和歌山の小林(樹斗)投手に劣っている部分もあるし、刺激をもらっている。プロでも世代ナンバーワンにこだわっていきたい」と意気込んでいる。

 球速の目標を聞かれて「いくらスピードが出てもプロの選手は対応してくる。分かっていても打てないストレートを自分の武器にしたい。中日の大野(雄大)さんのようにどんな時でもチームの勝ちにつながる投球ができる投手になりたい」と受け応えもしっかりしている。沢村賞も狙えるとの高評価を受けている高橋のプロ入り後の活躍ぶりが早くも楽しみだ。