日本ハム・中田が29号2ラン 打点で再びリーグ単独トップに

2020年10月20日 21時58分

9回、2ランを放った中田

 日本ハムの中田翔内野手が20日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に「4番・DH」で出場し、9回に29号2ランを放ち、2年ぶりとなる100打点超えを記録した。

 それまで3打数無安打と持ち味を発揮できずにいたが、9回一死一塁の場面で松本の投じた6球目・、129キロのスライダーをうまく捉えると、打球はぎりぎり左翼スタンドに飛び込み、この日チーム初得点となる2ランに。試合は2―11で敗れたものの、最終回に主砲の意地を見せた。

 楽天・浅村とのタイトル争いも激化。打点ではこの日の試合中に一時浅村に追いつかれたが、最終回の2ランで「101」とし、再び単独トップに立った。本塁打ではトップの浅村まで2本差。射程圏だ。