巨人・岩隈が今季限りで引退 移籍後一軍登板なし

2020年10月19日 14時33分

巨人・岩隈久志

 日米通算170勝の巨人・岩隈久志投手(39)が今季限りで現役を引退することが19日、明らかになった。

 岩隈は2000年にドラフト5位で近鉄に入団。04年に新規参入した楽天に入り、08年には21勝を挙げ2度目の最多勝に輝き沢村賞を獲得した。11年オフにFAでマリナーズに移籍すると15年8月には日本人2人目のノーヒッターとなった。

 日本代表としても04年アテネ五輪に出場。09年のWBCでは日本の連覇に貢献した。 

 昨季、巨人に入り8年ぶりに日本復帰となったが、度重なる手術の影響もありここまで一軍登板はなし。日米を股にかけ活躍した右腕が静かにグラブを置く。