2年ぶり一軍の阪神・板山が初先発で躍動

2020年10月18日 16時53分

2年ぶり1軍昇格した板山

 2年ぶり一軍昇格の板山祐太郎外野手(26)が18日のヤクルト戦で躍動を見せた。

「2番・二塁」で今季初先発。1点を追う初回一死でヤクルト先発・小川泰弘(30)から中前打で出塁。その後、4番・大山俊輔内野手(26)の逆転タイムリーで生還した。

 2回二死一塁の第2打席ではカットボールを中前に運び一、三塁と好機拡大。第3打席でも四球を選び、4回までに1盗塁を含む全打席で出塁するなど矢野燿大監督(51)の抜てきに完璧に応えている。