広島・西川が左翼ポール直撃の5号ソロ「切れずによく入ってくれた」

2020年10月18日 15時40分

4回、久々の5号ソロを放った西川

 広島・西川龍馬内野手(25)が18日の中日戦(マツダ)で2か月半ぶりの一発となる5号ソロアーチを放った。

「5番・中堅」で先発出場すると0―0で迎えた4回、相手先発・清水の直球を強振。高々と舞い上がった打球は左翼ポール直撃の一発となった。

 8月2日の巨人戦(東京ドーム)以来のアーチに「少しボール球でしたが、強く打つことができました。切れずによく入ってくれました。(中村)祐太が頑張っているので先制できてよかったです」とコメント。

 コンディション不良による離脱からの復帰後は「長打にこだわりたい」と話していたが、言葉通り見事な一発を本拠地で披露した。