DeNA佐野が5戦連発!球団タイ記録も更新は「期待しないでください」

2020年10月16日 22時20分

5連発ポーズの佐野恵太

 首位独走のG相手にハマの主砲が意地を見せつけた。DeNA・佐野恵太内野手(25)が16日の巨人戦(横浜)で5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、7年ぶりに球団記録に並んだ。

 1点をリードされた8回先頭、2番手・大江の投じた初球をとらえ、右翼スタンドへ。試合を振り出しに戻す20号ソロは〝メモリアルアーチ〟となり、本拠地を歓喜の渦へ巻き込んだ。

 その後、チームは大和の勝ち越し適時打で加点し、2―1で逆転勝利を飾った。ヒーローインタビューで大和ともに登壇した佐野は「連続ホームランを意識することはあるのか」と問われると「いや、もう1試合1試合、1打席ずつ集中することだけを考えて打席に立っています」と表情を変えずにコメント。そして「(先発の)井納さんもナイスピッチングで投げてくれていたので、何とかチームを勝たせることができて良かったです」と7回無失点の力投をみせたベテラン右腕を謙虚に持ち上げた。

 最後にインタビューアから「明日(17日)の新記録を期待していいか」と振られると「期待しないでください!」とお決まりの〝佐野節〟で締めていた。

 佐野は11日の阪神戦(甲子園)から5戦連発。球団として5試合続けての本塁打は1968年の長田幸雄、1977年の田代富雄、2004年のタイロン・ウッズ、2008年の村田修一、2013年のトニ・ブランコが記録しており、偉大な強打者たちと肩を並べることになった。

 ちなみに左打者としては長田以来、52年ぶり2人目の快挙。NPB全体では昨季のバレンティン(当時ヤクルト)以来となった。