オリックス「競合覚悟のドラフト戦略」に期待と不安

2020年10月16日 11時00分

オリックス・福良GM

【デスクと記者のナイショ話】

 デスク:オリックスは福良GMがドラフトで近大・佐藤の1位指名を明言したな。

 オリックス担当記者:大学ナンバーワン野手なので競合覚悟になりますけど、フロント幹部も「ウチに足りないのは打撃力。クジの問題はあっても方向性は間違っていない。消極的な姿勢だとチームの士気にかかわる」と話しています。ただ「獲得となればおそらく外野になると思う。守備力がどうなのか」との不安もありますね。

 デスク:オリックスは守備位置の固定がなかなかできてないだろ。

 記者:特に深刻なのは中堅ですね。球団内からは「一番重要なのはセンター。佐野、西浦、小田、中川、後藤とか何人もレギュラー候補がいるけど、打つ方が不安な選手が多い。打撃力がしっかりした選手に早く任せないといけない」と…。そのため「彼らが一本立ちできるまでFAの西川(日本ハム)や梶谷(DeNA)を獲得した方がいい」との声もあります。ポスティングによる大リーグ挑戦も視野に入れている西川は今オフに国内FA権を取得しますし、実際にリストには入れています。

 デスク:もっともな理由じゃないか。

 記者:でも慎重論もあって、別のフロント幹部は「ウチは育成をテーマに掲げ、そのために舞洲に大きな施設を造った。中嶋監督代行になってせっかく若い選手が出てきているのにFAでヨソから連れてくるというのはどうなのか。生え抜き外野手が成長するまでの期間のために大金を使うのはね。西川にしても守備、肩は落ちている」との見方もありまして…。佐藤加入で任せられたら万々歳ですけどねえ。

 デスク:24年間もV逸じゃ、もう積極的な補強しか低迷脱出の起爆剤はないんじゃないか。