中日5連勝! チームも視聴率も「好調モード」突入

2020年10月15日 22時52分

サヨナラ弾の高橋を迎える竜ナイン

 中日が15日の阪神戦(ナゴヤドーム)を5―3で勝ち2位をキープ。高橋周平内野手(26)の劇的サヨナラ弾で5連勝と絶好調の中日に地元テレビ局も盛り上がっている。8年ぶりのAクラスが現実味を帯びてきたことで中日戦の視聴率が好調モードに突入しているのだ。

 阿部の2ランやリリーフ陣の好投で3―2で勝利した12日の巨人戦(東海テレビ)は12・1%を記録。13日の阪神戦(テレビ愛知)は10・0%、14日の阪神戦(CBC)も11・4%と3試合連続で2桁キープとなった。

「夏場以降ドラゴンズがBクラスに低迷して視聴率が1桁台連発というのがここ数年のお決まりのパターン。しかし今年は久しぶりのAクラス入りが期待されるということで視聴率もいい感じになっています。このまま連勝を続けてほしいですね」(地元テレビ局関係者)

 中日の残りのホームゲーム10試合のうち9試合を地元テレビ局が中継予定。このままチームも視聴率も好調キープとなるか。

(数字は名古屋地区、ビデオリサーチ調べ)