西武・ニール来日最短…2回0/3KO 「何もできなかった、というのが正直な感想」

2020年10月15日 21時56分

西武・ニール

 西武のザック・ニール投手(31)が15日の日本ハム戦(札幌ドーム)で2回0/3を6安打5失点。来日2年目で最短となるKO降板で7敗目(4勝)を喫した。

 初回から制球の定まらないニールは、近藤に適時二塁打で2点を先制されると、2回にも2四死球が絡み一死満塁から近藤、中田に連続適時打を浴び3失点。計4四死球と立ち直る気配なく、3回途中に降板を告げられた。

 序盤で試合を壊し、7敗目を喫したニールは「今日は自分に対してフラストレーションの溜まる内容だった。何もできなかった、というのが正直な感想です。ただ、このような試合を引きずっても仕方がないと思う。次に向けて準備をしていきたい。そして、次回登板するときはいいパフォーマンスを出せるように頑張っていくよ」とコメントした。