楽天がロッテに快勝し自力CS消滅危機を回避 三木監督「必死に戦っていく」

2020年10月14日 22時09分

先発の涌井は7回1失点と好投

 パ・リーグ3位の楽天が14日のロッテ戦(ZOZOマリン)に4―1と勝利。負ければ自力でのCS進出の可能性が消滅するところだったが、白星をつかんで何とか踏みとどまった。

 先発の涌井が7回1失点と好投。打線も1―1の6回に浅村が勝ち越しソロを放ち、9回にも辰己と石原の連続適時打で追加点を挙げた。

 三木監督は涌井の投球について「素晴らしかった。マウンドでの落ち着きや投球する姿を含め、ナイスピッチングだったと思う」とコメント。浅村の本塁打にも「同点でチームが苦しいところだったが、大きな一発だった」と賛辞を送った。

 それでも2位・ロッテとは5ゲーム差。今後も苦しい戦いは続く。指揮官は「一戦一戦、必死に戦っていくだけ。チーム全員で束になっていく」と言葉に力を込めた。