オリックス山崎福7回に力尽く…SB千賀と堂々投げ合いも3失点5敗目

2020年10月14日 22時02分

オリックス・山崎福也

 好投も報われなかった。オリックス・山崎福也投手(28)が14日のソフトバンク戦(京セラドーム)に先発し、7回途中3失点で5敗目(4勝)を喫した。

 序盤は千賀との投手戦の様相を呈した。4回以降は毎回のように走者を許したが、相手エースに一歩も引かず6回まで両者0行進を続けた。

 しかし、7回に力尽きた。先頭の栗原に二塁打を許し二死からの連続四球で満塁のピンチを招くと、ベンチは荒西への交代を決断した。

 これが裏目に出る。荒西は代打・長谷川への初球が暴投となって痛恨の先制点を献上。なおも四球で満塁にすると3番手の山田が柳田に走者一掃の適時二塁打を浴びた。

 チームは0―4で2戦連続、両リーグ最多12度目の零敗。負け投手となった山崎福は「序盤から5回まではピンチの場面でしっかり粘れていい感じで投げられていた。ただ最後のところだと思います。あの場面を投げ切れなかったことが悔しい」と肩を落とした。