西武ドラ2・浜屋が4回途中3失点で2敗目「また同じことを繰り返してしまいました」

2020年10月14日 21時33分

西武・浜屋将太

 またも白星に届かなかった。西武のドラフト2位ルーキー・浜屋将太投手(21)が14日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発し、4回途中5安打3失点で降板した。チームは2―7で敗れ、浜屋は2敗目を喫した。

 立ち上がりから制球が定まらなかった。杉谷への四球から大田に先制2ランを浴び、その後も4与四球と不安定な投球を修正できなかった。

 浜屋は9月23日の日本ハム戦(メットライフドーム)で2勝目を挙げてから3戦連続で勝ち星なし。「今回もまた同じことを繰り返してしまいました。チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです。今回はただ単にしっかり投げることができなかった、僕の力不足です。これからやらなくてはならないことが多いと思いますし、それをしっかりこなしていかなくてはならないと思います」と反省しきりだった。