広島 G菅野攻略も〝フランスア劇場〟 最後は薄氷…佐々岡監督「初めからギア入れてほしい」

2020年10月13日 23時05分

ウィーラーにも一発を浴び、1点差に迫られた広島・フランスア

 何とか勝った。広島は13日の巨人戦(東京ドーム)に4―3の僅差で勝利した。

 投打がかみ合った。先発の九里は8回1失点の好投。打撃陣も開幕から13連勝中だった菅野から6回までに7安打して4得点を奪った。

 それでも4―1の9回に守護神・フランスアが先頭・丸、続くウィーラーに連続本塁打を浴びて1点差とされ、嫌なムードが漂った。

 だが、ここから助っ人左腕が奮起して大城、中島、代打・石川を3者連続空振り三振。佐々岡監督はフランスアについて「こういう(狭い)球場なので慎重に入っていかないといけない」とした上で「点を取られてギアが入った感じがするので(回の)初めから入れてほしい。1球の怖さだった」と話した。