楽天・足立がリード広げる右前適時打「開けてびっくり玉手箱打法です」

2020年10月13日 19時47分

2回、右前適時打を放った足立

 下位打線も猛攻を浴びせた。楽天が13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で1点リードの2回に2点を追加した。先頭の6番・田中、7番・小郷が連打で出塁すると、無死二、三塁から8番・辰己の二ゴロの間に三塁走者が生還。さらに一死三塁としてから9番・足立が右前適時打を放ち、3点目をもぎ取った。

 貴重な3点目を叩き出した足立は「打ったのはストレートですかね。よくわからないです。振ったら当たりました。開けてびっくり玉手箱打法です」と真顔で振り返った。