ロッテ〝163キロルーキー〟佐々木朗希がいよいよ一軍デビューへ 井口監督「いいところで」

2020年10月13日 17時42分

デビューへ向け調整を続ける佐々木朗希。一軍マウンドはすぐそこだ

 いよいよベールを脱ぐか。ロッテの井口資仁監督(45)が13日、ドラフト1位新人・佐々木朗希投手(18)を今季中に一軍で登板させる考えを示した。チームはソフトバンクとし烈な首位争いを演じている真っただ中だが「何とかいいところで放れれば」と期待を寄せた。

 最速163キロ右腕は5月26日のシート打撃に登板した際に160キロをマーク。その後は体調面の不安からペースダウンしていたが、一軍に帯同しながら調整を続けていた。

 まずは二軍戦を経て昇格させる方針だが、指揮官は「ブルペンでもかなり力強い球を投げています」とも明かしており、実戦デビューに向けた準備は着々と進んでいるようだ。