SB工藤監督 またも〝天敵右腕〟にしてやられる「食うか食われるか。やるかやられるか」

2020年10月09日 21時48分

敗戦のベンチでグラウンドに一礼した工藤監督

 天敵攻略に失敗して首位攻防戦の第1ラウンドを落とした。ソフトバンクが9日の2位ロッテ戦(ペイペイ)に1―3で敗戦。引き分けを挟んで3連敗を喫しゲーム差0に迫られた。

 工藤監督は「同じところに立たされた」と言うと「(ここからは)食うか食われるか。やるかやられるか。今日しかないという思いで戦いたい」と目の色を変えた。

 昨季0勝4敗の天敵右腕・二木にまたも打線が封じられた。これで昨季から7連敗となった。
 
 初回の攻撃で2番中村晃の6号ソロが飛び出したが、以降は0行進。7回で9三振を奪われ3安打1点に抑え込まれた。
 
 二木に苦戦してきた要因の一つが打者のタイミングをずらす独特の投球フォーム。決戦を前に工藤監督は「一番は二木君を打ち崩していないというところがある。走者を出してからはクイックになるので、あのタイミングを変えた投げ方はできない。走者を出すことが大事だと思う」と攻略への青写真を描いていた。しかし、チャンスらしいチャンスすらつくれず。打ち崩すことはこの日もできず指揮官は「コントロールがよかった」と相手を褒めるしかなかった

 
 ここまでロッテには全カード負け越しで4勝11敗1分け。ラスト10試合で2度の直接対決の3連戦が残されている。そうした日程を考えても天敵との“負の流れ”を止めることがVへの急務だ。

「ここまで悪い流れできているものをしっかり止めるという意味でも大事な3連戦になる。最低でも勝ち越していかないといけないと思います」。指揮官はこう力を込めて今回の直接対決に臨んだ。

 3年ぶりのV奪回へ残り2戦。連勝あるのみだ。