右ヒジ手術の広島・大瀬良がリハビリ公開「開幕へ向けていい形で進めていきたい」

2020年10月09日 18時35分

リハビリを公開した広島・大瀬良

 広島・大瀬良大地投手(29)が9日、右ヒジの手術後、初めて大野練習場での練習を公開した。

 室内でのストレッチ後にグラウンドで中崎や戸田とともにランニングをするなど約3時間、みっちり体を動かした右腕は「チームを離れてしまったということは残念に思っている。今はやれることをしっかりして、またいいパフォーマンスを出せるようにしたい」と話した。

 今季は2年連続2回目の開幕投手を務めるなど先発ローテの柱として期待されたが、7月24日のDeNA戦では2回2失点で緊急降板し、翌25日に出場選手登録を抹消。復帰後の9月5日DeNA戦でも4回途中9安打8失点でKOされ、6日に再び出場選手登録を抹消された。

 手術を決断した理由について「最後まで投げてチームに貢献したいと思っていたが、あのまま頑張っていたとしてもチームに貢献するどころかマイナスになってしまうと考えた」と説明。現在はリハビリ中心のメニューだが「いいステップを踏んで春のキャンプ、開幕へ向けていい形で進めていきたい」と来年開幕での復活を誓っていた。