巨人救援陣の要・中川が左脇腹痛で登録抹消 原監督「10日は難しいんじゃないかな」

2020年10月09日 17時54分

巨人・中川

 巨人のセットアッパー中川皓太投手(26)が左脇腹痛のため9日、出場選手登録を抹消された。代わりに藤岡貴裕投手(31)が一軍に合流する。
 
 中川はセ首位を走るG投手陣でチーム最多の37試合に登板。主にリードした8回に登板し2勝1敗6セーブ、防御率1・00と安定感を見せていた。
 
 10日からの中日戦(ナゴヤドーム)に向けこの日、名古屋へ移動した原監督は「昨日のブルペンでつくる時に、ちょっと痛めてね」と説明。「(最短の)10日は難しいんじゃないかな。まずそこは治すことでしょうね。10日という意識は持っていないですね」とじっくりと左腕の回復を待つという。

 8回の代役候補は高梨、大江の2左腕に加え「幸いビエイラも良くなってきたからね。まあ、そのうち(大竹)寛ちゃんも戻ってくるだろうしね」と見通しを語ると「まあ、みんなでやりますよ。(野手で登板した)増田大もいるし」と最後は明るく締めくくった。