広島・会沢が逆転V打「チームに迷惑を掛けて責任を感じている」

2020年10月08日 00時29分

会沢の2点適時打で逆転!

 広島・会沢翼捕手(32)が7日の阪神戦(マツダ)で値千金の逆転打を放った。1点を追う5回、二死一、二塁のチャンスで阪神・岩田から右翼線へ2点適時打。頼れる扇の要は「(先発の)遠藤が頑張ってくれていたからそれが一番。先発に勝ちがつくと自信になるし、チームにも勢いがつく」と汗をぬぐった。

 9月10日のヤクルト戦でファウルチップがマスクを直撃し、翌日に出場選手登録を抹消。じくじたる思いを抱えながら、27日に復帰しただけに「チームに迷惑を掛けて責任を感じている。任せてもらったら最後まで出なくてはいけないと思っている」と6点差が付いたこの日も最後までマスクをかぶり投手陣をリードした。宇草や遠藤ら若手の活躍に「いい刺激になるしチームにとって必ずプラスになる」と話す会沢。今後もまとめ役として全力を尽くす。