9月3完封の中日・大野雄が月間MVP「長所はイニングを投げられること」

2020年10月07日 13時54分

月間MVPに選ばれた中日・大野

 中日の大野雄大投手(32)が7日、9月の「大樹生命月間MVP賞」を受賞。大野雄は「めちゃくちゃうれしかったですね。たくさんいい候補がいる中で選んでいただいて、2015年5月以来ですが、そのときの内容よりも自分では今回の方が内容が良かったと思うので5年経っても成長できていることのあらわれだと思います」と喜びを語った。

 大野雄は9月は5試合に登板し3勝2敗、防御率1・35。3勝はすべて完封勝利で月間3完封は1989年の西本聖氏以来31年ぶりとなる。投手部門での中日からの受賞は2017年6月の岩瀬仁紀氏以来だ。

「今年に関しては8完投できているということでいいことだと思うんですけど、まずは7回、8回しっかりゲームを作って後ろの投手につなげるという思いでマウンドに上がっている。自分の長所はイニングを投げられることだと思うのでこれからも7回、8回、そして9回もマウンドに上がって自分で締められるゲームが増えればなと思っています」と竜のエースは残りのシーズンも投げまくるつもり。

 大野雄は8勝目を目指し、7日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に登板する。