西武・高橋光が6回一死までノーヒット投球「もうひと踏ん張りできる投手に」

2020年10月06日 21時23分

降板を告げられ悔しそうな表情の高橋光

 西武・高橋光成投手(23)が6日のソフトバンク戦(メットライフ)に先発登板し、6回1/3を2安打無失点8奪三振だった。

 相手エース・千賀との投げ合いで6回一死までノーヒット投球を演じた高橋は「今日はコントロール良く投げることができました。今日は変化球が良かったと思います。相手も千賀さんということで日本を代表する投手ですし、ホークスも首位のチームなのでその中でこのような投球ができたことは良かったです」とコメント。

 その上で「ここ最近は先制点を取られてしまうことが多かったので、今日は先制点を与えないという課題はクリアできたと思います。ただ、7回はあのような形でマウンドを降りてしまいましたので、もうひと踏ん張りできるような投手になっていくことができたらと思います」と今後の課題を語っていた。