広島・鈴木誠也「広輔さんがよく走ってくれた」投手直撃の適時二塁打

2020年10月06日 19時44分

4回に阪神・青柳を襲うタイムリー二塁打を放った広島・鈴木誠

 広島・鈴木誠也外野手(26)が強烈な投手強襲の二塁打を放った。6日の阪神戦(マツダ)で「3番・右翼」で先発出場した赤ヘルの主砲が3回、二死一塁で迎えた第2打席で相手先発・青柳の投じたシュートを強振すると痛烈なセンター返しとなった打球は青柳の左ひざを直撃。

 大きく跳ねたボールが右翼前を転々とする間に一塁走者・田中広輔内野手(31)が一気にホームを陥れて生還した。打った鈴木誠は「(田中)広輔さんがよく走ってくれて先制点になってよかったです」とコメント。打球直撃の青柳は治療のため一旦ベンチに下がったものの、再びマウンドに戻り、続投した。