新型コロナ集団感染のロッテ 阪神を上回る総勢22選手が一気に一、二軍入れ替え

2020年10月06日 17時14分

オリックス戦が行われるZOZOマリンスタジアム

 新型コロナウイルスへの集団感染が明らかになったロッテは6日、総勢22選手の一、二軍入れ替えを行った。出場選手登録されたのは佐々木千隼投手、成田翔投手、フローレス投手、宗接唯人捕手、福田光輝内野手、松田進内野手、細谷圭内野手、茶谷健太内野手、西巻賢二内野手、藤原恭大外野手、高部瑛斗外野手(以上特例2020代替選手)の11人。同抹消は東妻勇輔投手、山本大貴投手、小野郁投手、鳥谷敬内野手、藤岡裕大内野手、三木亮内野手、荻野貴司外野手、清田育宏外野手、角中勝也外野手、菅野剛士外野手、和田康士朗外野手(以上特例2020対象選手)で、こちらも11人。

 今季限定の特別ルールである「感染拡大防止特例2020」が初めて適用されたのは阪神で、9月25日に19選手が一気に入れ替わった。