ロッテ・鳥谷、荻野、清田…新たに大量11人〝クラスター発生〟 遠征時外出せずも感染拡大

2020年10月06日 15時09分

左上から時計回りで鳥谷、角中、清田、荻野

 この緊急事態をどう乗り切るのか——。ロッテが6日、会見を開き4日に新型コロナウイルス感染が判明した岩下大輝投手(24)、スタッフ1人の計2人以外に新たに選手を含め、一軍関係者11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 この日取材に応じたロッテの松本尚樹本部長によると、新たに感染が判明した選手は荻野貴司外野手(34)、清田育宏外野手(34)、角中勝也外野手(33)、菅野剛士外野手(27)、鳥谷敬内野手(39)、藤岡裕大内野手(27)、三木亮内野手(28)の7人。この他、伊志嶺翔大コーチ(32)や一軍スタッフ3人の感染が明らかになったという。

 また、4日に感染が確認された岩下の濃厚接触者として、東妻勇輔投手(24)山本大貴投手(24)、小野郁投手(23)、和田康士朗外野手(21)が特定された。この4選手も今後一定期間の隔離を余儀なくされるという。

 松本本部長は今回の未曽有の事態に至った経緯に関し、「感染経路は全くわからない。ただ、今年コロナの中でウチ(ロッテ)は手洗い、マスク、消毒等の対策を徹底してきた。その中でこういう風になったので。改めてコロナの怖さを感じた」と言及。球団内で猛威を振るう見えない敵に困惑の表情を示した。

 ロッテは今季遠征時、外出についてのルールが徹底されていた。岩下の感染が確認された札幌遠征時も外出は可能だったものの、「食事は4人以内」、「球団外の部外者との会食は禁止」というルールが設けていた。ただ、選手に関しては誰一人外出しなかったという。その最中での大量感染だっただけに球団内ではショックを隠し切れない。

 6日からはオリックスと3連戦。その後、9日からはペナントを争うソフトバンクとの3連戦が控えている。現状では戦力ダウンが否めないが、同本部長は「若い選手を(二軍から)入れかえる。(感染した選手には)最短(期間)で帰ってきてほしいが、若い選手にとっては逆に凄いチャンスだと思うので。(井口)監督とも話したが、戦力的にどうなるかというのはあるが、残り28試合しっかりやっていきたい」と主力の代役となる若手陣に奮起を促した。