広島・中村祐が887日ぶり白星に「すごくうれしい」

2020年10月04日 22時58分

887日ぶり白星を挙げた中村祐

 やっとつかんだ白星に笑顔がこぼれた。広島の中村祐太投手(25)が4日のヤクルト戦(神宮)に先発し、5回1失点の好投。2018年5月1日の巨人戦以来、2年5か月ぶりの勝利を挙げた。

 今季初登板初先発となった9月20日の同カードでは初回先頭の浜田から青木、山田哲と3者連続被弾。その後は立ち直りの兆しを見せたが、5回途中で左脚がつって無念の降板となった。それだけに中村祐は「すごくうれしいです」と笑み。「正直あまり調子良くなかった。会沢さんのリードを信じてミットめがけて一生懸命腕を振っていました」と振り返った。

 今後の登板について「この状況の中でも応援してくれるファンの皆さんの期待に応えられるように、一試合一試合必死に頑張っていきます」と気合を入れた。