中日・松葉がDeNA戦で4回途中KO「前回の反省生かせなかった」

2020年10月04日 16時48分

中日・松葉(右)は4回途中KO

 またも天敵であるハマの助っ人外国人にやられてしまったーー。
 
 中日・松葉貴大投手(30)が4日のDeNA戦(横浜)に先発し、4回途中7安打4失点KOされた。初回に先頭の神里、ソトに連打され、無死一、二塁のピンチを招くと3番・オースティンに左中間スタンドへ先制3ランを被弾した。
 
 さらに3回にもオースティンにバックスクリーン左横の中段へ飛び込む特大の2打席連続アーチを突き刺された。その後も立ち直る気配がなく、4回二死から9番・戸柱に安打を許したところで藤嶋との交代が告げられた。
 
 松葉はこのカードの前回登板となる9月12日の試合でも初回にオースティンから中越え3ランを被弾し、3回途中4失点KO。これでオースティンに3打席連続で本塁打献上となり「前回の反省を生かすことができず、チームに迷惑をかけてしまい申し訳ないです」とうなだれた。