7回無失点の好投 広島・森下 新人王は「取りたいという気持ち」G戸郷と再び1勝差

2020年10月03日 23時38分

7回のピンチをしのぎ、笑顔の広島・森下

 ルーキーらしからぬ落ち着きで燕打線を圧倒した。広島の森下暢仁投手(23)が3日のヤクルト戦(神宮)で先発し、7回6安打無失点で7勝目。ヒーローインタビューでは「しっかりと7回投げることができて良かったと思います」と笑顔を見せた。
 
 この日の勝利で新人王を争う巨人2年目・戸郷の8勝(4敗)に1勝差に迫ったルーキー右腕は「取りたいという気持ちなので自分は一試合一試合、積み重ねていくしかない。そこを目指してやっていきたい」とタイトル奪取に強い意欲を示した。