巨人にアクシデント!〝主砲〟岡本が死球を受けて途中交代 

2020年10月03日 17時21分

死球を受ける巨人・岡本

 巨人・岡本和真内野手(24)が3日の阪神戦(甲子園)で、左手付近に死球を受けて途中交代した。

 7点をリードした8回二死一、三塁の場面、阪神4番手の谷川が投じた初球が直撃し、岡本はその場でうずくまった。ベンチからはトレーナーや元木ヘッドコーチらが心配そうに駆けつけ、岡本は代走を送られて治療に向かった。

 岡本はここまでセ・リーグトップの24本塁打をマークし、阪神の大山に1本差まで迫られている。大事に至らなければいいが…。