ソフトバンク・松田宣 1か月ぶりの一発に鷹党思わず「熱男~」

2020年10月02日 20時14分

「熱男~!」と雄たけびをあげる松田

 およそ1か月ぶりとなる「熱男パフォーマンス」が飛び出した。ソフトバンクの松田宣浩内野手(37)が、2日の日本ハム戦(ペイペイ)で8号2ランを放った。

 この日は9番で出場。1点を追いかける4回、一死二塁の場面で相手先発・上原の直球を左翼席に運んだ。「久しぶりのホームランがいいところで出てうれしいです。いい角度で上がってくれたし、逆転できて良かったです」と話した。

 9月3日のオリックス戦(京セラドーム)以来となる一発。ベンチ前では手を消毒するジェスチャーをした後で右手を突き上げた。

 逆転の一発に球場に詰めかけた鷹党も大興奮。松田のポーズに合わせて、思わず「熱男~」の声も漏れ響いていた。