コロナ特例の阪神・岩田が7回途中4安打無失点と好投

2020年10月01日 20時35分

緊急先発し好投した岩田

 阪神の岩田稔投手(36)が1日の中日戦(甲子園)に先発し、7回途中4安打無失点と好投した。チームが新型コロナウイルスに集団感染し「特例2020」で、この日に前倒しで登録され、すぐに先発起用となった岩田。初回を三者凡退で片付けると2回以降もゴロアウトを量産する投球術で中日打線を翻弄した。

 5回には失策絡みで一、二塁とされるも後続をピシャリ。7回に二死から投手強襲の安打を浴びたところで2番手にマウンドを譲った。岩田は「チームの先頭に立って戦うという気持ちを持って投げました。ゴロアウトも多く、自分らしいピッチングができましたし、梅野のリードにも助けられました」とコメントした。