広島が松山の6号2ランでGに反撃「みんなで1点ずつ」

2020年10月01日 20時14分

反撃の口火を切った広島・松山

 広島・松山竜平外野手(35)が追撃の6号アーチを放った。

 1日の巨人戦(マツダ)で「4番・一塁」で先発出場すると、4点を追う4回、一死一塁の場面で巨人・サンチェスの直球を右中間席へ運んだ。

 4試合ぶりの一発に松山は「良い対応でしっかりと捉えることができました。みんなで1点ずつ返していきたいです」とコメント。不調のため3番に変更となった鈴木誠也外野手(26)に代わり28日のDeNA戦(マツダ)から4試合連続で4番を務める大砲の一発を反撃のきっかけにしたいところだ。