ヤクルト・石川 10戦目の正直で19年連続勝利 勝てない日々支えたステイホーム術

2020年10月01日 05時15分

今季10戦目で初勝利を挙げた石川。19年連続勝利は快挙だ

 チームメートを迎える左腕は、晴れ晴れとした表情を浮かべていた。ヤクルトの石川雅規投手(40)が30日のDeNA戦(横浜)に先発し、5回2/3を4安打2失点で今季初勝利を挙げた。

 史上5人目の40代開幕投手として投げた6月19日の開幕戦から3か月以上、10試合目でようやくつかんだ1勝目だ。石川は「この時期の1勝ってほんと恥ずかしいんですけども、勝てて良かったです」と、はにかみながら語った。

 今季は開幕から4試合を投げたところで、上半身のコンディション不良により1か月以上、一軍を離脱。支えてくれたのが家族だそうで「石川家のチームとして、みんなで戦ってきた」(石川)。

 その石川家で欠かせないのが動画配信サービスだ。映画好きの石川はネットフリックス、Hulu、アマゾンプライムなど5つ以上のサービスと契約。自宅で家族とともに映画鑑賞し、つかの間のリラックスタイムを過ごしているのだという。

 周囲のスタッフにも「いい映画知りませんか?」。情報収集して、映画の世界にひたる。これによってオンオフを切り替えてきた。今後に向け「チームに貢献できるように。勝利という意味で返していきたいなと思っている」と意気込んだ石川。残り試合でスパートをかける。