未勝利のベテラン石川に勝ち星を!ヤクルト村上が19号3ランで援護 

2020年09月30日 19時47分

19号3ランを放った村上はこの表情

 ベテランに今季初勝利をプレゼントする。ヤクルトの石川雅規投手(40)が30日のDeNA戦(横浜スタジアム)に先発。今季未勝利のベテラン左腕を野手陣が序盤から強力援護。まずは「3番・二塁」で先発出場の山田哲人内野手(28)だ。初回一死三塁で右翼へ先制犠飛。さらに3回一死一、三塁では中前適時打を放った。山田哲は「決して当たりは良くなかったが、いいところに抜けてくれて走者を返すことができて良かったです」と話した。

 これに「4番・一塁」で出場した村上宗隆内野手(20)も続いた。山田哲が2点目を追加した直後の3回一死一、二塁でDeNA先発・上茶谷の143キロの球を左翼へ19号3ラン。村上は「チャンスだったし、バッティングカウントだったので積極的に打ちにいきました。いい感覚で打てて良かったです」と語った。5回終了時点でヤクルトは5―0でリードしている。