ノリノリの巨人・ウィーラーが守備でビッグプレー! 絶賛の声に「そうだろ、そうだろ」

2020年09月29日 21時28分

7回、好捕からの併殺で満塁のピンチを救い、ゴキゲンの巨人・ウィーラー(左)
7回、好捕からの併殺で満塁のピンチを救い、ゴキゲンの巨人・ウィーラー(左)

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が29日の広島戦(マツダスタジアム)で攻守に大活躍だ。

 4―1の6回に代打で26打席ぶりの安打となる貴重な適時二塁打を放つと、直後の守備では7回一死満塁のピンチに代打・メヒアの一塁線を破りそうな強烈なゴロに軽い身のこなしでダイビングキャッチ。すぐに起き上がって一塁ベースを踏むと、すかさず本塁に送球し、併殺を完成させた。

 ウィーラーのビッグプレーにはベンチの原監督もエアー・グータッチで祝福し、険しかった表情から笑顔に一変。ナインから「今年一のプレーだったよ」と労われ「そうだろ、そうだろ」とますますノリノリに。今季途中にトレード加入したムードメーカーがプレーでもベンチを盛り上げている。

ピックアップ