G菅野を止める! 広島 大盛三塁打&選手会長・田中広が犠飛 わずか7球で先制

2020年09月29日 18時42分

 広島が〝ストップ・ザ・菅野〟に向けて幸先良く先制だ。29日の巨人戦(マツダ)では初回から打線がつながった。1番・大盛穂外野手(24)が右中間への三塁打でいきなり出塁すると続く2番・田中広輔内野手(31)が左翼へきっちり犠飛を放ち、わずか7球で1点を奪った。

 犠飛を打った選手会長は「打ったのはフォークかな。大盛がチャンスを作ってくれたので、返すことができてよかったです。最低限の仕事ができました」とコメント。今季11勝0敗といまだ無敗の菅野に初黒星を付けるべく、赤ヘル打線が意地を見せている。