ソフトバンク二保が大乱調…2回途中4安打4四死球7失点KO

2020年09月27日 14時36分

初回から大荒れだった二保(右から2人目)。結局2回7失点で降板となった

 ソフトバンクの二保旭投手が、27日のロッテ戦(ZOZOマリン)で痛恨のKOを食らった。

 初回に2四死球と味方のエラーで一死満塁のピンチを招くと、井上に左中間を破られる2点適時二塁打を浴びた。さらに福田秀にも中前への2点適時打で続かれた。

 2回にも立ち直ることができなかった。連続四球でピンチを招き、再び井上に左中間を破られる2点適時二塁打を浴びた。

 2位・ロッテとの直接対決3戦目。今季初のロッテに対する勝ち越しがかかった試合だった。2回途中4安打4四死球7失点での降板となり悔しさをにじませていた。