ノムさん、後任監督報道をチクリ「東尾なんて、どこがいいのかね」

2020年09月27日 09時00分

ロッテ・西岡剛(現BC栃木)と野村克也監督(2007年7月7日=福島・県営あづま球場)

【復刻!ノムさんのボヤ記⑮】今年2月11日に亡くなった、野村克也さんに感謝と敬意を込め、楽天監督最終年となった、2009年シーズンのボヤキを一挙公開! チームの低迷を理由に〝休養〟する監督もいるなか、楽天の次期監督報道もチラホラ。周囲のナーバスな反応にノムさんは…。1年間完全密着で抽出した珠玉のボヤキの数々を、当時を懐かしみながらお楽しみください。

 ◆7月7日 ロッテ戦(福島) 試合前

(一部スポーツ紙が楽天の次期監督として元西武の東尾修氏と報道)

 オレに気を遣って、米田代表から(この話題を)言ってきたわ。「そんなこと(いちいち釈明しに来ること)しなくてもいいですよ」と言ったんだけどな。まあ、確証があるから(東尾氏と)書いたんだろうけど…。でも東尾なんて、どこがいいのかね。「夜の帝王」なんだろ。

(試合は4―10で敗れ、7連敗。試合後の会見に集まった報道陣を見渡し)

 すごいな、休養会見か。こんなに大勢来て、どうしたの? こちらから(発表すること)は何もありませんけど。(初回に5失点した先発の)長谷部? 点を取られすぎや。フォアボール病っていうのは伝染病か。どいつもこいつも蔓延しちゃってるよ。問題のレベルが低すぎ。中学生の監督(シニアリーグ)をやったことがあるけど、それ以下の問題。話になりませんよ。そろそろ(球団が)休養って言い出すんじゃないの? そういう雰囲気じゃない。お手上げです。

 ◆7月8日 ロッテ戦(Kスタ宮城) 試合前

 そういえば大矢(明彦=休養中の横浜監督)は何やってんだ? 今のチーム状態じゃ銀座もウロウロできないやろ。オレも休養でハワイにでも行くか。でも休養して、戻ってきた試しってあるのか? 普通ならそのままクビか。自然消滅になっちゃうな。

(試合は5―7で敗れ、泥沼の8連敗。先発・藤原紘通が7回一死までノーヒット投球も、リリーフ陣が崩壊)

 藤原がよく投げたね。ノーヒットノーランやるんじゃないかというピッチングをしてたんだけどな。魔の8回。いつも8回に何か(この日は6失点)あるね。藤原に完投してほしかったんだけど、足がつったとか言ってきたんだよ。どうにもならんわ。7回以降、ピッチャーがいないから、先発が完投してくれないと。まあそんなに嘆いていてもしょうがない。この戦力で何とかやり繰りしないと…明日、頑張ります。

 ◆7月9日 ロッテ戦

(試合前、茶髪の多いロッテの選手を眺めながら)

 茶髪軍団やな。こんなチームに勝てないなんて…。精神教育はどうなっとんのや。あそこにえらい茶髪のヤツがおるな…。あれは外国人か。それにしても、ロッテは試合前のノックをてれんこてれんこやっとるな。何で試合前にノックをやるのか、意味がわかってない。

 試合前のノックは〝ショー〟なんや。お客さんに「さすがプロ」って思わせるためにやる。昔、南海ホークスは「100万ドルの内野陣」と呼ばれててな。それは見事だったよ。守備でお金が取れるほどで、試合前のノックはまさにショータイムだった。

(試合は8―3で勝ち、74歳になって初勝利)

 野球は意外性のスポーツです。意外の連発。勝ったのは何日ぶりですか? 11日ぶりか。長い長いトンネルでしたな。いいことがあれば悪いことがある。誕生日のお祝いなんてしてもらわなければよかった。しっぺ返しが来たわ。

 ◆7月10日 ソフトバンク戦(ヤフー) 試合前

(田中将大が『フライデー』に初激写されたことに)

 若いし、お互い独身ならルール違反しているわけじゃないし、いいんじゃないの。(相手は)4歳年上か。ちょうどいいんじゃない。

(その田中が先発し9回0封も、延長11回に0―1でサヨナラ負け)

 見殺しだわな、完璧に。しかし、打てない。ソフトバンクとの力の差は致し方ない。労多くして功なしや。

 ◆7月11日 ソフトバンク戦

(試合は8―2で勝利。中村紀が97日ぶりの2号本塁打)

 ホテルに電話して、赤飯炊くように言っとかないと。

 ◆7月12日 ソフトバンク戦

(試合は岩隈が復帰登板も5回7失点KO。ソフトバンクに0―8で敗戦)

 こういう展開になるとは予想していなかった。岩隈は悪けりゃ悪いなりにゲームを作ってくれないとな。今日は何もありませんわ。(そう言うとおもむろにアンパンを取り出し、食べ始め)…もう、聞くことないやろ?

〈毎週日曜「東スポWeb」掲載〉