広島ドラ1位・森下 DeNA打線のエジキ…7回11安打4失点で7勝目ならず

2020年09月26日 17時02分

DeNA打線に苦戦した広島・森下

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23)が26日のDeNA戦(マツダ)で先発し7回11安打4失点で降板した。2点の援護もらった2回、宮崎にソロアーチを浴びて1点差にされると、4回には倉本に適時打を許して同点。さらに、自らの暴投で勝ち越し点を献上してしまった。

 5回にもオースティンにソロアーチを打たれた森下。試合前の「自分がゲームを作ってできるだけ長いイニングを投げられたらいい」との言葉通り、7回115球の力投を見せたが、白星にはつながらず新人王争いのライバルである巨人・戸郷に並ぶ7勝目とはならなかった。