中日・加藤球団代表 阪神・浜地コロナ感染に「うちの選手が濃厚接触したとは聞いていない」

2020年09月25日 17時58分

中日・加藤球団代表

 中日の加藤宏幸球団代表は25日、阪神・浜地真澄投手(22)が新型コロナウイルスに感染したことを受けて「阪神側が保健所の指示のもと確認している。今の段階ではうちの選手が濃厚接触したとは聞いていない」と語った。

 浜地は18日から20日までの中日―阪神3連戦(ナゴヤドーム)に帯同しており、19日の試合では2番手として8回の1イニングを投げていた。ナゴヤドームの消毒などに関して加藤代表は「毎試合ごとにやっているので、改めてやることはない」としている。

 中日では現在、遠征中の外出を選手、球団関係者の4人まで、2時間以内で許可しているが加藤代表は「検討しなければいけないと考えている」とルール変更の可能性を示唆した。