オリックス・左沢に続いて竹安もコロナ陽性! 25日ウエスタン・広島戦の移動中止に

2020年09月25日 00時15分

オリックス・左沢(左)と竹安

 オリックスの選手からまた新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。球団は24日、二軍の竹安大知投手(25)がPCR検査で陽性と判定されたと発表。22日に二軍の首脳陣、選手、スタッフの定期PCR検査を実施し、この日の夜に結果がわかった。23日には二軍の左沢優投手(25)の陽性が確認されたばかりだった。

 竹安は20日から3日間、大阪・舞洲での練習に参加し、外出や会食はしていなかったという。無症状で体調に異常はなく、一軍選手との接触はない。竹安を除く74人は陰性だったが、チームは25日から由宇で行われるウエスタン・広島戦の移動をやめ、接触者の特定を保健所が終えるまで全員が自宅待機している。