日本ハム・杉谷に恒例のアナウンス口撃「ベンチでのポテンシャルは、すでに最高レベル」

2020年09月24日 17時40分

またもイジられた日本ハム・杉谷

 日本ハムの杉谷拳士内野手(29)が24日、西武戦(メットライフ)前の打撃練習中、同球場の名物ウグイス嬢・鈴木あずささんから、恒例の〝アナウンス口撃〟を受けた。

 杉谷が打撃ゲージへ入ると、鈴木さんのアナウンスはスタート。「本日もこの時間からメットライフドームにお集まり下さった皆様、ご来場ありがとうございます。ただいま皆様の熱視線を全身で感じながらバッティング練習を行っておりますのが、ただいま犠打数リーグナンバー1の超技巧派、ファイターズ杉谷拳士選手です。妥協なく精度を高めるクールな姿にもどうぞご注目ください」と辛口に紹介すると、スタンドからは笑い声と共に拍手が起こった。

〝あずさ節〟は止まらず「ただいま、杉谷選手がバッティング練習を行っております。これまで存分に培ってきたベンチでのポテンシャルは、すでに最高レベルと日本中が気付いてしまった今季、時に豪快、実は繊細、たどり着いた表現力の衝撃は、今日も是非、皆さんご自身の席でお受け止めください」とこれまた通常運転でアナウンスをすると、場内からは大きな拍手が沸いた。

 メットライフドームでの西武戦は、11月2日からの3連戦が今季最後となるが、そのことについても触れた鈴木さん。「杉谷選手、20代最後のメットライフドーム、その集大成とは。皆様のお越しを楽しみにお待ちしております」と告知すると、この日一番の拍手が沸き起こった。これには杉谷も、打撃練習終了後、鈴木さんがいるアナウンス室に向けて深々と頭を下げて感謝の気持ちを表していた。