阪神が今季9度目の完封負け 矢野監督「上茶谷を最後まで投げ切らせたのは課題」

2020年09月23日 22時05分

阪神打線を封じ込んだ上茶谷

 阪神は23日のDeNA戦(甲子園)に0―4で完敗。相手先発・上茶谷に手も足も出ず、6安打完封勝利を献上した。阪神の完封負けは今季9度目で12球団最多だ。

 先発マウンドを任された青柳は6回2安打1失点と力投したが援護なく6敗。投手戦の中、救援のエドワーズがソトから浴びた3ランも痛かった。

 矢野監督は「(上茶谷は)球の切れも良かったし、カットボールも良かった。ただ、チームとして最後まで投げ切らせたのは課題」とゲームを淡々と振り返った上で「一戦必勝で戦っていくしかない。週末のヤクルト3連戦(神宮)をいい形で終え、また甲子園に戻ってきたい」とした。

 食らいつけど食らいつけど、首位の背中はどんどん遠ざかる。巨人とのゲーム差は11・5にまで広がった。