巨人育成出身のウレーニャ 初打席は一邪飛

2020年09月23日 20時39分

一邪飛に倒れたウレーニャ

 巨人のエスタミー・ウレーニャ内野手(21)のプロ初打席は一邪飛だった。23日の広島戦(東京ドーム)6回無死一塁、松原の代打として登場。広島3番手・中村恭の初球135キロのフォークにフルスイングもボールは一邪飛となった。

 ウレーニャは7回からは左翼守備についた。17日に支配下に昇格すると、二軍で打率2割9分2厘、11本塁打、37打点と打撃好調でこの日に出場選手として登録された。右の長距離砲として期待がかかる。