日本ハム・清水が先制の2点適時二塁打「樋口さんを参考に」

2020年09月23日 19時30分

2回に先制の適時2塁打を放った清水

 日本ハムの清水優心捕手が23日の西武戦(メットライフ)に「8番・捕手」で先発出場し、2回に先制の2点適時二塁打を放った。

 第1打席から無死満塁のチャンスを迎えると、相手先発・浜屋の投じた4球目、143キロの速球を力強くヒッティング。打球は左翼線を転がり長打コースに。走者が2人返る貴重な先制打となった。

 清水は「前を打つ樋口さんがいい待ち方、いい対応をしていたので、それを参考にして、打席でいい待ち方ができました。チャンスで先制点を取れて、バギー(バーヘイゲン)を援護できてよかったです」と、前日に支配下登録、この日一軍に初昇格&即スタメンを勝ち取った先輩・樋口の名前を出してコメント。清水は前日に開幕カード以来の2号2ランを放っており、打撃復調に向けてさらなる勢いをつけた格好だ。