日本ハム・中田が26号先制2ラン! 楽天・浅村とのタイトル争いが激化

2020年09月22日 18時46分

初回に先制2ランを放った日本ハム・中田

 タイトル争いが熱い! 日本ハムの中田翔内野手が22日、西武戦(メットライフ)に「4番・一塁」で先発出場し、初回に先制の26号2ランを放った。

 打った瞬間、確信に変わる一発だった。この日の1打席目を初回二死二塁とチャンスで迎えると、相手先発・高橋光の投じた4球目、141㌔の速球を完ぺきに捉えると、打球は左翼スタンドへ。貴重な先制2ランとした。中田は「打ったのはカットボール。近ちゃん(近藤)がツーアウトからチャンスをつくってくれ、先制点が欲しい場面だったので、一発で仕留められて良かったです」と喜びを語った。

 本塁打、打点ランキングでトップ争いをしている楽天・浅村が、この日のデーゲーム・ロッテ戦で3本塁打(25~27号)、7打点の活躍。試合前時点ではトップの座を明け渡した中田だが、豪快な一発で今季84打点とし、打点王争いをすぐさまタイに引き戻してみせた。