巨人・亀井が全体練習を回避 前夜の広島戦で足負傷 別メニューで調整

2020年09月22日 16時18分

21日の広島戦で足を痛め、本塁付近で仰向けの巨人・亀井(中)

 前夜、足を負傷し途中交代となった巨人の亀井善行外野手(38)が22日の広島戦(東京ドーム)前の全体練習に姿を見せなかった。

 亀井は前夜の広島戦3回一死満塁で丸の一ゴロで本塁へスライディングで生還した際、捕手と交錯。足を痛めしばらく立ち上がれず、4回の守備から交代していた。試合後、原監督は「たいしたことないでしょ。まぁ最年長だから。最年長だから大事にしとかないと。シルバーまではいかないけど(笑)」と〝軽傷〟を示唆。病院にはいかなかったという。

 出場選手登録は抹消されておらず、別メニューで試合に向けて、調整した模様だ。