広島・佐々岡監督 2カードぶり負け越しにも「明日につながる」と前向き

2020年09月20日 22時56分

佐々岡監督は9回の猛追を評価

 最後の最後に攻め立てたが勝ち切れなかった。広島は20日のヤクルト戦(神宮)に6―8の僅差で敗れた。ヤクルト先発・小川を8回まで攻略できず4安打1得点がやっと。投手陣も崩れ、9回の時点で1―8の大差がついていた。

 しかし、9回に先頭・鈴木誠が二塁打すると、流れが一気に広島に傾く。松山も安打で無死一、三塁とし、堂林の併殺の間に1点を挙げた。そして二死走者なしから田中広、磯村、代打・坂倉、ピレラ、上本の5連打でさらに4点を追加。

 完投ペースだった小川をマウンドから引きずり降ろした。代わったヤクルト守護神・石山から野間が安打し、二死一、三塁のチャンスをつくるも代打・正隨が倒れゲームセット。

 2カードぶりの負け越しで5位・広島と最下位・ヤクルトの差は1・5に縮まった。それでも7点差を2点差まで追い上げたナインを佐々岡監督は「最後、ああやって攻撃してくれたのは明日につながる」とたたえた。